近況|自宅待機の小学生は情緒不安定MAX

2020年3月10日火曜日

雑記

t f B! P L
こんにちは、クリボーです。

新型コロナウィルス感染拡大防止ということで、1ヶ月も早い、長い春休みを迎えてしまった我が家の小学生。
お稽古ごともなくなってしまったし、お友達と遊ぶのも控えています。

うちの子はもともとインドア派なので、漫画さえあれば1日家で過ごせちゃうのですが、そうは言っても脳味噌に刺激が足りない。。
ストレスからか、拘禁反応のように、独り言や、無駄な動きが増えています。

この時期を健康的に、有意義に、腐ることなく乗り切って欲しい。
ほんとゆる〜いのですが、わが家はこんな風に過ごしています。
8:00まで起床
朝食
AM勉強
(2〜3時間)
昼食
PM自由時間
15:00お散歩
自由時間
18:30夕食
自由時間が多すぎますね😅
一応、ゲームやビデオ・動画は1日1時間までとしています。

3時ごろにお散歩の時間を入れるとなんとなく間が保つことがわかったので、意識してお散歩に行くことにしています。(赤ちゃんと同じですね。。)。
行先は、近所の公園や、図書館です。
自販機でジュースを買うのはOKとしています。本当は嫌ですが、そういった楽しみがないといつまでも家でグズグズしてしまうので。。
そしてさらに告白すると、家からおやつを持ち出して、道中にモグモグしています。

公園では、ランニングコースをダッシュ。

図書館は、読書や本選びはできないのですが、リクエストした本の受け取りができたので、私がざっくり選本し、お散歩がてら受け取りに。
図書館は、カウンター以外の電気が消されていて、上の子が休館していると勘違いするほど。緊急事態感が出ています。
リクエストした本のほか、カウンターに本のお楽しみ袋が置かれていたので、低学年向けの袋を1つ借りました。
リクエストした本は、子どもむけのアガサ・クリスティの推理小説などです。
上の子は、残念ながら文字の本よりも漫画派ですが、これを機に読む本の幅を広げて欲しいな。

特に行きたい場所がない時は、タピオカ屋さんに行きます。
タピオカ増量。子どもに甘すぎかもしれませんが、今の時期の我が家のテーマは(繰り返しますが)健康的に、有意義に、腐ることなく。。このくらいが丁度いいかなと思っています。

➿➿➿➿➿

とここまで書いて、チッ、綺麗事だな。。と思いました。
正直なところ、元気な小学生が一日中家で過ごすってなかなか厳しいし、栄養面も三食家のご飯ではおぼつかないし、さらに夫が家で仕事をしていると子どもは遠慮して騒げないし(というか騒いで怒られているし)、本当にギリギリのところを綱渡りで過ごしています。

もしかしたら戦時中の防空壕はもっと厳しかったかもしれないし、栄養面は両親の料理の腕の問題かもしれないし、日頃の給食のありがたみへの感謝が足りないのかもしれないし、家で騒いじゃうのは日頃の家庭のしつけの問題かもしれないですけどね!(逆ギレ)

学校がお休みになっちゃったらその中でやるしかないし、私は自分の最善を尽くすだけですが、なかなかストレスフルです。
どうにかこうにか乗り切ってやるぜ!

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
東京で働く管理職。子どもは小学生と乳児。 子ども曰く「料理は適当、顔は地味、服は男のような色」だそうです。 icon by iconpon (http://iconpon.com)

メッセージ・お問合せ

名前

メール *

メッセージ *

アーカイブ

Follow by Email

QooQ