2019年9月25日水曜日

そういえば、米国大使館のサマースクールってどうだったんだっけ。

こんにちは、クリボーです。
都内の企業に勤めるアラフォーワーママです。

自己紹介に入社から結婚・出産・復帰後をまとめました。
初めましての方はこちらからお読みいただけると嬉しいです。

***
今年の夏休み、六本木にある米国大使館宿舎のサマースクールに申し込んで、運良く当選したという記事を書いたのですが、そういえばその後について何も書いていませんでしたね。

8月の某日から1週間、サマースクールに行ってきました!(子どもが)
そして、私も、子どもと一緒に六本木まで通いました。
親は、宿舎の門まで送迎をしなくてはならないんです。
朝からお弁当を作って、身支度を整え、電車に乗って通います。
お弁当作りはいつものことですが、自分も身支度を整えて六本木まで行くというのが、結構大変でした。
電車の混み具合を考えて、最寄駅ではない駅からいつもと違う路線で行ったので、とにかくいろいろと前倒し。
そして、六本木駅から門までの道のりがこれまた長いんですよね。。
8月の朝は蒸し暑いし、子どもが「行きたくない」とうるさいし、私の心が折れそうでした。。。

おやつは自分で持参します。
「健康的なおやつ」と書かれていたので、お煎餅や飴など地味目なおやつを何種類か選び、ジップロックに少しずつ詰めて持って行かせました。
しかし、そんな風にバラエティパックのようなおやつを持ってきた子は少数派で、キャラメル1箱とか、割と簡単なおやつを持ってきていた子が多かったそうです。

そうそう、こちらのサマースクールでは、ナッツアレルギー対策のため、お弁当も含め、ナッツ類の持ち込みが禁止です。
ピーナッツやアーモンド、マカダミアナッツがナッツ類なのはわかりますが、ピスタチオあたりから怪しくなり。。ココナッツは大丈夫なのかなど、かなり迷いました。

さて、実際のクラスはどうだったかというと、だいたい35人くらいが1クラスで、そのうちネイティブスピーカーが半分くらい。
残りは流暢に話せる日本人がほとんどで、片言の英語しか喋れない子は数えるほどだったそうです。
カリキュラムはそんなに難しくなく、歌を歌ったり工作をしたりなので、手持ち無沙汰になることはなく、子ども同士ではそれなりに遊べたようですが、先生とのコミュニケーションが辛かったみたい。
本人も楽しくなかったと言っているので、もう、次はないかなぁ。。と思っています💦

親が勝手に背伸びした、というお話でした。。

***
読んでいただきありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

0 件のコメント: