2019年6月2日日曜日

女の幸せって、なんだろう。

こんにちは、クリボーです。

子育てをする上で、男子の人生って割とシンプルだと思う。
何れにしても自立が第一。
学校の勉強ができればそれに越したことはないし、頑張ってもらいたい。
会社員でも、公務員でも、研究者でも、起業でも、自分の得意なことを見つけて伸ばして、最終的にお金を稼いでもらいたい、というか稼がないと困る。

一方、女子の人生ってどうなんでしょう。
学校の勉強は、できるならできた方がよいと思う。
会社員でも、公務員でも、研究者でも、起業でも、自分の得意なことを見つけて伸ばして、最終的にお金を稼いでもらいたい、というか、稼がないと困る。

お、同じですよね。。。
しかし、女子には、専業主婦という道もある。
趣味と実益を生かしてフラワーアレンジメントの先生とか、アイシングクッキーの先生とか、パン屋さんとか、そういった道もある。
素敵だし、全然いいと思う。

ただ、フラワーアレンジメントの先生とか、アイシングクッキーの先生とか、一般的に「女の仕事」と思われている仕事って、例え希少価値が高くても、重労働であったとしても、単価が安い。(専業主婦がその最たるものだと思います。)
同じテニスプレイヤーでも、女性リーグは、男性リーグよりも賞金が安い。
ゴルフの世界もそう。
やはり、経済の世界って、男性が主導しているんだろうな。。
この金銭的不均衡を勘案すると、もし私が娘に一般的な将来のアドバイスをするとしたら、普通に男性が選ぶのと同じ職業に就くことをお勧めすると思う。

しかし、多くの女子がそのような道を選んでいないのは、なぜなんだろう。
私の知らない幸せがそこにはあるのでしょうか。
そう思うと、自分の価値観が揺らいでしまう。




以前読んだ本。
女子は男性と同じ土俵で戦うよりも、例え単価が安くても、NPOやボランティアなど、世の中の役に立つ仕事に就く方が幸福度が高いという内容。

ま、もし自分がもう一度人生をやり直せるとしても、きっと同じように働いていると思うのですが。
勉強は波に乗れば快感だし、金銭的自由は精神的自由・精神的安定の礎になる。

来週も頑張りましょう^^

***
読んでいただきありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿