2019年4月13日土曜日

愛国心と南極。

こんにちは、クリボーです。

海上自衛隊の南極観測船「しらせ」が業務を終えて日本に帰国しました。
停泊している晴海埠頭から横須賀まで帰港する際に、一般の人も乗せてもらえるんです。

運よく抽選に当たった私と子どもで、晴海埠頭へ。


南極の氷も展示されていました。

しゅっぱーつ!

所要時間、3時間くらい。
フェリーと同じくらいの速度で進みます。
東京湾に氷域はないので、勇ましく氷を割り進む姿は見ることができないのですが、ちょっとした探検隊気分^^
素敵な体験でした。

もっとしらせのことが知りたいなって思って、帰宅後、家にあった「南極のサバイバル」を紐解いたのですが…主人公たちが韓国の世宗基地に向かっていた💦
(そして、主人公のパパが「わが国の基地は世宗基地」って言ってた。。。)

サバイバルシリーズ、もともと韓国の本の翻訳なんですよね。
子どもはこのシリーズを気に入っているけれど、しらせに乗船した今、読みたいのはこれじゃない!


同じ学習漫画系でも、こちらが良いのではないでしょうか。
日本の南極越冬隊を擁する、国立極地研究所が監修しています。

しかし、サバイバルシリーズ、子どもが韓国の話と日本の話を混同しそうで心配になってきた。
早速、「AIのサバイバル」を確認したところ、AIBOとか日本の商品が載っていたので、全ての本が韓国っぽいわけではないようですが。
現代社会系の内容が含まれるものは、親も読んだ方がいいかもしれないですね。

読んでいただきありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿