2019年6月19日水曜日

マミートラック攻略法【復帰直後編】

こんにちは、クリボーです。
今日はマミートラックについて。

マミートラックとは、子どもを持つ女性の働き方のひとつで、仕事と子育ての両立はできるものの、昇進・昇格とは縁遠いキャリアコースのことです。職場の男女均等支援や仕事と育児の両立支援が十分でない場合、ワーキングマザーは往々にして補助的な職種や分野で、時短勤務を利用して働くようなキャリアを選ばざるをえなくなり、不本意ながら出世コースから外れたマミートラックに乗ってしまうことが少なくありません。(コトバンクより引用。)

1人目の育休から復帰した時、私も若干退屈な業務を振られました。
誰が見ても、マミートラックのスタート地点。
同世代の同僚、下手したら後輩と比べても明らかに見劣りし、情けなくなるやら悲しいやら。

だけど、少しずつ、状況が変わっていきました。

その頃私が意識していたのはこんなことです。
  1. みんながサボる仕事こそ頑張る
  2. 自分の得意分野を頑張る
  3. いい仕事をくださいと頼んでみる
  4. 昇進を考えていないわけではないと伝えてみる
1. みんながサボる仕事こそ頑張る
当時の部長が新しく始めた取り組みがありました。
ざっくり言うと、グループ会社との関係構築。担当1人につき1社受け持っていました。
でも、部長が言っていることは全然おかしくないのに、誰もまともにやらなかったんですよね。。部長の人徳のなさでしょうか。

私は、暇だったこともあり、自分の担当する会社に足繁く通って、キーパーソンと仲良くなって、そこの会社で研修をして、見学をさせてもらって…とっても勉強させてもらいました。
担当した会社はとっても小規模な会社だったんですけどね。(期待されてないから)

その会社のことをよく知ることができたから、部長と一緒に研修に行った時に、ちょっとした小ネタで笑いを何度もとることができて、ついでに研修本編も盛り上がりました。帰りに寄った居酒屋さんで「今日の研修は良かったね」と褒めてもらえたのは、とてもいい思い出です。

あ、でも、いい仕事と泥舟の峻別は大事です。
みんながサボっている理由は、泥舟だからかもしれない。
そういう仕事にはむやみに手を出さないように。。。

2. 自分の得意分野を頑張る
自分の得意分野、意識していますか?
私は、全然自慢にも何にもなりませんが、ざっと関係者の意見・感覚を聞いて、落とし所(あるいは攻め所)を決めてから上司に相談するのが得意です。
自分の脳内理論だけでは物事は進まないので…
上司にも、自分が直接コミュニケーションを取るのに抵抗がある、苦手な関係者っていますよね。そんな人々を私が飄々と訪ねて行って、意見を聞いてくるので、結構重宝していた…と思う。

3. いい仕事をくださいと頼んでみる
今になって振り返れば、評価に繋がる仕事が欲しかったのだと思います。
しかしそう言ってしまうと身も蓋もないので、「もっと自分が成長できる仕事を担当させてください」と可愛く言ってみました。
そのときは、自分で思ったほど可愛くなかったからか、「仕事は選べません」と冷たく言われてしまいましたが、上司って覚えていてくれるんですね。。しばらくして、チャレンジングな仕事を与えてくれるようになりました。(人が急に足りなくなったのも一因です。笑)

4. 昇進を考えていないわけではないと伝えてみる
チャレンジングな仕事をもらった後、プラス評価がついたので、満を辞して言ってみました。
これは勇気が要りましたが、こんなことを堂々と言えるのはプラス評価がついた今しかないと思い、評価のフィードバックの時に思い切って上司に伝えてみました。
当時の私の階級は管理職1歩手前。ということは「昇進」は管理職昇進…。
上司はびっくりしていましたが、やっぱりこういうのも覚えていてもらえるんですね。。しばらくしたら、そっちのルートに乗せてくれました。

まとめると、
  • みんなが嫌がる業務を頑張って目立つこと。
  • 自分の得意な能力を活かし、上司の右腕になること。
  • マミートラックをずっと周回するつもりはないことを、適宜伝えること。
以上です。

***
読んでいただきありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿