2019年5月18日土曜日

私、お金はマネーフォワードで管理します!

こんにちは、クリボーです。

林聰さんの著書を読み、家計管理に目覚めた私。
それなりに楽しくお金のことを考えていたわけですが、一つ難題が。
それなりに時間がかかる。

家計管理っていわゆるひとつの「名もなき家事」。
子どもの宿題をみて、連絡帳に判子を押して、学童の連絡帳に帰宅時間を書いて…
これに予算立てやら収支チェックやらしてたら睡眠時間がいくらあっても足りない。

そんなある日、マネーフォワードの瀧さんの講演会を聴く機会があったのです。
マネーフォワード、写真でレシートを撮影すると自動的に家計簿をつけてくれるアプリがあることと、銀行口座を連携できることは知っていたのですが、インターネットバンキングのログインパスワードを登録するのに若干抵抗があり、手を出していなかったんです。
でも、マネーフォワードの瀧さんのお話を聞いていたら、マネーフォワードで「正しい家計管理」のほぼ全てが自動的にできることがわかりました。

①資産の登録
銀行口座と連携することにより、自動的に預金額がUpdateされます。
また、不動産も登録できます。外部サービスのデータベースと一致すれば、外部サービスで得られた査定額を登録することも可能。
②負債の登録
住宅ローンの残額を登録できます。
銀行によっては自動で残債をUpdateできるところも。
クレジットカード口座と連携させることにより、クレジットカード会社に対する債務(カード請求額)も登録されます。
③予算管理
自分で立てた予算を設定できるほか、自分の収入と同レベルの人の一般的な支出をコピペできたりもします。
④実績管理
銀行口座とクレジットカード口座を連携させることにより、毎月の支出を把握できます。
もちろんレシートを撮影して現金の支出を管理することもできます。(その場合は銀行口座のATM引出額は管理対象から外します。

やり始めたら楽しくなり、また数字をよく見せるため(誰に?)不動産の査定などをしてみたり、繰上げ返済用の積立口座も連携したり…と色々やっていたら、すっかり夜が更けてしまいました。

そして今、マネーフォワードの管理画面を眺めるのが楽しくてなりません。

では、マネーフォワードのサービスを使ってたら「正しい家計管理」の本は読まなくて良いかというと、そうではないです。
「正しい家計管理」はお金との付き合い方の教科書のようなもので、マネーフォワードはその事務作業の工数を省くためのもの。
ベーシックな考え方がわかっていたほうが、管理効果が出ると思います^^

マネーフォワードさんのサイトはこちらから^^
https://moneyforward.com

***
読んでいただきありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

0 件のコメント: