2019年3月30日土曜日

スキー旅行で越後湯沢に

こんにちは、クリボーです。

春休みなので、家族でスキー旅行に来ています。
スキーシーズン終わりかけですが、人はたくさん。

謎の雪だるま。
毎年、冬はスキーをしています。
スキー靴を嫌がらなくなり、一人でスキー靴を履けるようになり、スキーもだんだん上手くなり…
毎年同じことをしていると、定点観測ができて面白いです。

読んでいただきありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

2019年3月28日木曜日

学童弁当:カレー弁当

こんにちは、クリボーです。


今日はカレー弁当。
手抜きだけど、子どもも喜ぶ最強メニュー。


いつもの量を入れたのに、ご飯が足りなかったと。嬉しい!
デザートはりんご。


通勤路に桜がひらひら。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

2019年3月27日水曜日

学童弁当:おにぎり弁当

こんにちは、クリボーです。

今日は学童の遠足で、簡単につまめるお弁当がよいとのことだったので、おにぎりにしました。


  • 明太子おにぎり
  • 鮭おにぎり
  • 梅しそおにぎり
  • 玉子焼
  • ももハム
  • ミニトマト
  • ぶどう

おにぎり3個は多いかなと思いましたが、完食していました。
作ったご飯をモリモリ食べてくれるのが無限の喜び。

読んでいただきありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

2019年3月26日火曜日

学童弁当:炒飯弁当

こんにちは、クリボーです。



昨晩飲み会だったので、今日のお弁当は簡単に炒飯でもと思ったのだけれど、結局時間がかかってしまった。


  • 炒飯(コンソメ風味)
  • レンコンのきんぴら
  • かぶの煮物
  • ミニトマト
  • ポテトサラダ(マヨネーズとドレッシングで味付けするので、失敗がないです。)
  • しゃぶしゃぶ(紅大根のおろしポン酢がけ)
  • デザート(はるみ、イチゴ)
自分にもお弁当を作るようになって、おかずの品数が増えました。
自分で食べるようになって気づいたのですが、お弁当のおかずって当たり外れがある(笑)。
どんなに頑張っても、冷めて味が変わってしまったり、味見したのになぜか味が薄すぎたり。。
だから、1品1品の重みを軽くしたくなりました。
例えば、おかずが3品しかなくて、1品外れると、とても寂しい。
でも、おかずが5品で3品が当たりだったら、まぁいいかなって思える。

これも、リスクの分散ですかね…。

Before

After



2019年3月25日月曜日

学童弁当: シャケ弁

こんにちは、クリボーです。

今日はシャケの「のっけ弁当」。
玉子焼
菜の花のお浸し
ミニトマト
バンバンジーサラダ
焼芋(昨日の朝ごはん)🍠キッチンバサミでカットして入れました。
レンコンのきんぴら
しそわかめ

***

ノリで入れた焼芋ですが、子どもからは好評でした。
安納芋系だからねっとり甘い。
またお願いと言われたけれど、同じ種類のお芋を探せるかが地味に難しいな〜。

***

自分の感想&反省(笑)

  • いつもより2品くらい品数が多い。前日にきんぴらを作っておいたから。
  • 品数が多い方が食べていて楽しい。
  • バンバンジーサラダ、お弁当にキュウリは微妙と思ったけれど、子どもが好きだから入れてしまった。案の定微妙でした(笑)
  • きんぴらは味が濃すぎるかもと思ったけれど、全般的に薄味の中、よいアクセントになった。
  • 私はイチゴも一緒に入れちゃったけど、ご飯がイチゴ味になってしまった。

2019年3月24日日曜日

友達とライオンキング

こんにちは、クリボーです。
ついに待ちに待ったライオンキング w/旧友。

銀座のママヨガで知り合ったお友達で、子どもも自分たちも同い年。
大学時代を隣町で過ごしていたことも後に判明し、一気に仲良くなりました。

彼女も私も当時は育休中で、ヨガに行ったり、動物園や美術館に行ったり、お互いの家を行き来したり、思えばよく遊んだなぁ。
4月からも仲良く職場復帰を頑張ろうって言っていたのに、彼女は復帰直前になって育児をゆったり楽しみたいと思うようになり、退職。
その後彼女はご主人の転勤に同行し、今はヨーロッパの某都市で2人のお子さんと仲良く暮らしています。

今回一時帰国のタイミングにご家族でライオンキングを観に行くというので、私たちも同行させてもらいました。
約束をしたときの、かなりはしゃぎ気味の日記はこちら

そして、いよいよ当日。
私、けっこうワクワクしていたんです。
洋服もどのくらいドレスアップしようか迷ったし。
子どもにも一応ジャケット着せたし。

ただ、毎日の仕事と育児疲れで、かなり体力の限界で。
告白しますと、冒頭からしばらくは、休日に子どもにせがまれてクレヨンしんちゃんの映画を観に来たお父さんばりに、聞き流していました。
そしたら、子どもにも私のスタンスがうつってしまったのか、「いつ終わるの?」「つまらない」と連呼😥
周りの人に聞こえていないことを祈ります。。。。。

まぁ後半は持ち直して(私も)笑いながら観劇したのですが。

***
正直なところストーリーの大筋はつまらなく、主人公のライオン(シンバ)の自己肯定感の唯一の拠り所は王の直子であるってことだけで、なんだよ血統主義、家長主義の話かよ!と思いました。
そう思うとスカー(お父さん王の弟で悪役。)の方が人間臭く、可愛らしく見えてきたりして。

例えばお父さんがロクでもなくて、苦労して大人になった人とか、そうでなくても普通の家庭に生まれ育った人(私のように)とか、あのストーリーに自分を重ね合わせて感激することは難しいんじゃないかなぁ。シンバ応援団として観ればよかったのかな?
女性の描き方もちょっと古いし(20年前から上演されていますしね。。)。
むしろ大道具・小道具の素晴らしさとか、衣装や背景の美しさとか、歌や音楽とか、ちょっとした間合いとか、ユーモアとか、ジョークを楽しむのがよいのかな。

もしかしたら、私のようなひねくれ者には「CATS」の方が合っているのかもしれません。
人間に飼い慣らされることを拒んだ猫たちのお話。
次回はCATSを観に行こう〜。

2019年3月23日土曜日

お財布落とした!

こんにちは、クリボーです。


先週末、電車をいくつも乗り継いで遠出したとき、子どもが(私が?)PASMOをお財布ごと無くしてしまいました。。。。。。。。

非常にショック。
金額どうこうよりも、世の中にはお金を落とす人と落とさない人の2種類があって、子どもも私も落とす人の方なんだ、ということがショックでした。

しかも、最近の日本って、お財布、出てこないですよね。
昔は誰かが拾って交番に届けてくれたものなのに。

電鉄会社にも交番にも聞いてみたけれど、出てきませんでした。
見るからに子どものお財布で、子どものPASMOが入ってるのに😢

気を取り直して、お財布を物色。
電車に乗っているお子さんを観察してみると、お財布を首から下げている子が割といます。
確かに、首から下げれば無くさないよね。。

落としたお財布は、落下防止ストラップが付いていたけれど、お財布が子どものポケットに入らないサイズだったこともあり、使用していませんでした。
(今思えばカバンにつけておけばよかった。。。涙)

なので、今度は首から下げられるタイプにしました。



右上の輪っかにネックストラップをかけることができます。
(巻き込まれ防止の観点から、紐は短めに。)
今度はなくしませんように!

ちなみに、敬愛する、可愛い石田ゆり子さんが、大事な物を失くしたときは自分の身代わりになってくれたと思うことにしていると言っているのを読んだことがあります。
その感覚、好きだわ〜。
といっても、そもそも、石田ゆり子さんは大事なものをあまり失くさそうですが。

今回は、お財布が子ども(もしくは私?)の身代わりになってくれたものと信じてます。
お財布ちゃん、身代わりになってくれてありがとう!

2019年3月22日金曜日

学童弁当:ちらし寿司弁当

こんにちは、クリボーです。
今日からお弁当が始まりました。

学童弁当は、いつも手抜きで「のっけ弁当」にしているのですが、マンネリ感が否めない。
ワンパターンを打破すべく、ちらし寿司を作ってみました。
昨日お休みだったからできた技。平日の中日には無理だな。。。

【ちらし寿司弁当】

□材料(作りやすい分量)□

すし飯

  • ご飯(一合)
  • すし酢(大さじ2)
  • いりごま(大さじ2)
  • 紅生姜(適量)
  • 鮭フレーク(適量)


錦糸卵

  • 卵(1個)
  • 片栗粉(大さじ1)
  • 水(大さじ1)
  • だし醤油(少々)

海苔(1枚)
さやいんげん(適宜)
レンコン酢漬(5〜6枚)

□作り方□

前日に錦糸卵とレンコン酢漬を作る。
錦糸卵:卵焼き器で4枚薄焼き卵を作って、細切りに。冷凍保存可能。
レンコン酢漬:茹でて、すし酢とだし醤油を合わせたものに漬ける。
***
ご飯を炊飯器で炊く。水加減は「すし飯用」の目盛りで。
炊けたらすし酢、いりごま、紅生姜(細切り)、鮭フレークと混ぜる。
錦糸卵、レンコン酢漬(5ミリぐらいの細切り)、青菜、海苔を乗せる。

副菜:チンゲンサイの菜の花のバター炒め(茹でてから水気を絞って炒める)

ちなみに、我が家の紅生姜は、新生姜のときに酢漬にしておいたもの。
デザートは青リンゴ。

私は子どもの食の好みに合わせて、具はあまり多く入れていませんが、甘く煮た椎茸とか、かんぴょうとか、茹でたエビとか、火を通したお肉・お魚類を入れてもいいかもですね。
ちょっとタンパク質が足りないかな…
夜ご飯はがっつりにしようっと。

《追記:実食》
品質保証のために、学童弁当は会社に持って行って、自分でも食べています。

薄味^^
錦糸卵、レンコン、さやいんげん、海苔、ごまのハーモニーが良い。
淡白な味が好みの私には、いつまでも食べ続けられる味。
鮭フレークはちょっと好みが分かれるかも。

チンゲンサイの菜の花のバター炒めも、肉厚な茎とバターの香りと適度な塩気で美味しい。
いい箸休めになりました。

車なしライフ・車ありライフ。

こんにちは、クリボーです。

先週末、高校の友達の箱根の別荘に遊びに行きました。
箱根ももう春。ツクシがスギナに育っていました。

高校の同級生のママ&子ども4組・総勢12名。
ママたちは全員働いていて、サラリーマンは私だけ。みんな高度な専門職で時間的にも経済的にも余裕たっぷり。
親同士がウマが合うからか、子どもたちもみんな仲良し。
穏やかで、いい子たち。

ワインとかおつまみとか、いろいろ持ち寄り、食卓を大勢で囲んで。
小学生はお兄ちゃん、お姉ちゃん達がお風呂に連れて行ってくれるから、ママたちは小さい子とのんびり。泉質の良い、白濁した温泉に浸かって、至福のとき。

子どもたちが寝静まった後は、大人だけの時間。
子どもたちにはおばさんトークと揶揄されましたが、ガールズトークと呼び続ける。

外で働いていると、それだけで社会とつながっているような気になりがちですが、結局コミュニケーションを取っている人数は変わらなかったりする。

いつもと違う、気の合う人と話すのって、もの凄い気分転換になりますね。

***
帰り道、友達の車に乗せてもらって山道を下ったのですが、これがまた楽しかった。

我が家は経済効率性の観点から車を持たないことにしていて、どうしても車に乗りたいときはカーシェアかタクシーを利用しています。
例えば300万円の車を買ったとして5年乗り、維持費等をプラスすると年間100万円くらいでしょうか。(ハワイ旅行に毎年1回行くくらいのコスト感??)
我が家の支出のポートフォリオを考えたときに、自家用車よりは住居や教育にお金をかけたいということで夫と意見が一致して、自家用車は持たないことに決めました。

タクシーをどれだけ使っても自家用車よりペイするので、タクシーは臆せず使うことにしているのですが、タクシーの運転手さんという知らないおじさま、失礼な言い方をすると異分子が家族の空間にいるわけで。
自家用車のリラックス感は格別ですね。(何を今更って感じですが)

自家用車、いいな〜⭐️と思いました。
あ、別荘もいいな!

2019年3月15日金曜日

部下の成長は自分の手柄、な人。

こんにちは、クリボーです。
もう週末ですね!

🏢 🏢 🏢

Pちゃん(仮名)は、1年ほど前に他部署から私のチームにやってきた総合職女子。
草食系というか、メルヘンチックというか、幼女っぽいというか、すご〜くいい子なんだけど、ビジネスマンっぽさがなくて、相手によっては舐められちゃいそうな感じ。

大人の事情で色々な部署をローテーションしていて、放っておくと根無し草になってしまいそうだったので、私の部署では長くいてもらう、そのための育成をする覚悟をもって引き受けました。

とはいえ本人が望んで私のチームに来たわけではないし、本人は前の部署が気に入っているようにも見受けられるし、どうしてもビジネスマンっぽさが足りない不思議ちゃんではあるし、育成はちょっとした課題でした。
親切心が強いが故にしょーもない余計な仕事を勝手に請け負ってきたり、みんなのことを考えるが故に方向性が定まらなかったり、優しいが故に人の言葉を鵜呑みにしたり…とか。

なのですが。
この一年でちょっとした成果を上げたのです。
私の大ボスもPちゃんを評価してくれて、何か困ったことがあるとPちゃんを指名してくれるようになった。
Pちゃんは、その業務についてもきちんと結果を出していて、さらに評価が上がり…と、すごくいい循環が回っている。
大ボスからの考課のコメントにも信頼感が滲みでている。

隣のチームのチームリーダー(課長)が「Pちゃんはすごい企画力を持っているよね。うちのチームに欲しいくらいだ。」と言っていたというのも漏れ聞こえてくる。

すごく嬉しい。
それに、私もPちゃんがいてくれてとっても助かっている。

でも、声を大にして言いたい。

私、この1年間ものすごくPちゃんの育成に力を入れたんです。
(リソースが非常に限られているから育成するしかなかった、ともいう。)
他部署から来て経験が浅いところを補い、不思議ちゃんなところを多様性として認めて、何度も(ときには社食でジュースをご馳走しながら)one-on-oneをして長所を伸ばしたんです。
今でも、彼女の苦手なところはめちゃめちゃサポートしてるんですよ!

「クリボーはすごい指導力を持っているよね。」とか、言ってもらいたいな〜笑

2019年3月12日火曜日

トマテロ

こんにちは、クリボーです。
Instagramを流し見していたら、トマトの投稿に釘付けになりました。
トマト、食べた〜い!!
衝動的に楽天市場でトマトを箱買い。

ピカピカのトマト。

ミディアムサイズの甘くて美味しいトマト。
ザクザク切って、玉ねぎのみじん切りをかけて、玉ねぎドレッシングをざざっと。

沁みる…。

2019年3月8日金曜日

食育の失敗。

こんにちは、クリボーです。
週末に友人が遊びに来るのでおやつを手作りしようと思いたちました。

子どもに「リンゴケーキ作ったら食べる?」と聞いたら、「食べる!」と即答だったので、早速スーパーで紅玉を購入。
冷凍庫に眠っていたパイシートを使って、タルトタタンを作ることに。
【注:タルトタタンTarte Tatin)とは、型の中にバター砂糖で炒めた(キャラメリゼリンゴを敷きつめ、その上からタルト生地をかぶせて焼いたフランス菓子。ひっくり返してリンゴの部分を上にして食べる。…Wikipediaより】

レシピはネット上を色々探し、簡単で間違いなさそうな栗原はるみさんのレシピをセレクト。

🍎🍎🍎

私がタルトタタンを初めて知ったのは、学生時代。
藤田嗣治の絵が掛かっているフレンチレストランで感動し、一瞬で虜になりました。
その後、タルトタタンが名物という有名なお店にも行きましたが、やっぱりあそこのお店のが一番だなと思ってしまう(いわゆる、刷り込みと思われます)。

あのお店の味を再現して、子どもにも味わってもらおう…と鼻息荒く奮闘して約2時間。

🍎🍎🍎

ジャーン!
と見せたいところだけれど、地味だったので省略します。
可愛いお皿を使っても、どう頑張って撮っても、どんなフィルターを使っても、地味にしかなりませんでした…。
代わりに飲んだ紅茶の缶の写真を。

味は、あのお店の味には及びませんでしたが、美味しかったです。(栗原はるみさんのおかげ)
もう少し、水分を飛ばした方がよかったかな。

そして、肝心な子どもの反応ですが、出来上がりをちらりと見て、いらないと。。。
タルトタタン、美味しいのに😭

食育がなんだ、丁寧な暮らしがなんだ、バカヤロー!と波に向かって叫んだ木曜の夜でした。

2019年3月5日火曜日

ふるさと納税2019

こんにちは、クリボーです。
今年初めてのふるさと納税返礼品が届きました。



佐賀にある「果樹園みかんの木」さんから届いた柑橘類7キロ。

早くもパクパク食べてしまったので写真はありませんが、大きなポンカン、しらぬひ、はるみなどの間に、甘いみかんがぎっしり、たっぷり。
至福でした🍊
会社のメンバーにもおすそ分けしようと思ってます。

次に申し込もうかなと思っているのは、井上麹店の手作り味噌キット。
野田琺瑯の素敵なストッカー付き。

過剰な返礼品問題の観点からは微妙かもしれませんが、お味噌作りに、ちょうどこんな容器が欲しかったところだったのです。
悩ましいです。

2019年3月3日日曜日

週末に帰省。

こんにちは、クリボーです。
週末は実家に帰っていました。
もう足腰が弱くなっているのに、ひな人形を出して待っていてくれた両親に感謝。

和菓子好きな母に、鶴屋吉信の右近左近(御池煎餅みたいな、ふわふわの白いおせんべいに砂糖がかかっているもの)とお干菓子をお土産に。
コーヒーを飲みながら(意外と和菓子にも合う)、今回は仕事のことや毎日の生活のこと、子どもの将来のことなど、色々とゆっくり話すことができました。

子どもが生まれてからずっと、帰省してもゆっくり話す暇がなかったのだけど、子どもが成長するに連れて、落ち着いた時間が再び戻ってきました。いえ、むしろ、子どもが生まれる前よりも親密になったかも。

緩やかに老いを迎えている両親、特に最近親友を亡くした母のことが気になっていたのだけど、会って話したら割と元気そうで、ボランティアなどで日々を楽しんでいるようで、ホッとしました。

夜は、昔遊んでいた百人一首を引っ張り出してきて、家族で楽しむ。
百人一首、一般的なものだと、天皇家の人だけカラフルな畳(茵(しとね)というそうです…)に座っていますよね。
ひな人形も同じだよと言いながら、父が説明していました。
百人一首、お正月のイメージがありますが、3月の百人一首も平安時代を彷彿とさせていいなと思いました。