2019年1月23日水曜日

100円ショップの用紙でラベル作り

こんにちは、クリボーです。
住んでいるマンションは各階にゴミの一時置場があって、毎日業者さんが回収してくれます。
一時置場でも缶、ビン、ペットボトルは専用のカゴがあるのですが、容器包装プラスチックの置き場が特に決まっていません。
業者さんの分別の手間を減らすため…というか、可燃ゴミと勘違いされることを防ぐため、ラベルを作ることにしました。

まずはラベルの画像を作ります。


デザインは、AdobeのSparkというソフトのアプリ版を使ってスマホで作りました。
背景やレイアウト、フォントなどを豊富なテンプレートの中からサクサク選ぶと、センスゼロでも思い通りの画像が作れるというソフト💖
ソフトは有料ですがアプリは(機能が限定されていますが)無料です。

作った画像を表計算ソフトでA4に落とし込みます。

プラゴミプラゴミプラゴミプラゴミプラゴミプラゴミプラゴミプラゴミ…

100円ショップのラベル用紙を買ってきて、印刷します。

(3枚入っていて100円。)

カッターで適当に切ります。

できあがり!
(容器包装プラスチックって書いた方がよかったかな?)

AdobeのSpark、ほんと便利です。
日本語のフォントは冴えないのですが、英語のフォントはとっても豊富。
家のアルバムを作るときにも、年月の整理用のラベルをこのアプリで作りました。

こんなの

オススメです〜

0 件のコメント:

コメントを投稿