2018年11月27日火曜日

積ん読メモ。お正月に向けて。

こんにちは、クリボーです。
読みたい本がたくさんあって、忘れちゃいそうなので、ときどきここにリンクを貼ります。

まずは、平野啓一郎さんの「ある男」。



 
 当時最年少で芥川賞を受賞しただけあって、もともと凄みのある作家さんだと思っていたけれど、最近また一皮向けた気がしませんか? (上から目線だったらすみません…)
死んだ夫が実は夫の名前ではない別人だと気づく話らしいのだけれど、すごく気になる。
一緒に暮らしていた人が全く別人だったとしても、その人がその人であることには変わりがなくて、そうだとすると人間のアイデンティティとは何なんだろう…
そんな話かどうかはまだ読んでないのでわからないのですが、気になってます、すごく。(単行本を持ち歩く気力と腕力がなくてまだ買っていないけれど、きっとそのうち読む。)

***

妻のトリセツ
 
最近妻が自分に対して怒ってばっかりいる…と嘆く共働き男子の友人(本人はとってもキュート)に貸してあげたい。
いや、その前に怒ってばかりの妻である自分が読みたい。そして夫に読ませたい。
しかし、夫はきっと読まないであろう。

女子の取説といえば、西野カナの可愛らしいウェディングソングが想起されますが、「ご使用の前にこの取説をよく読んで〜♫」と可愛く歌ってももう誰も気にしないこの寂しさ。
それは、ご使用の後だからでしょうか…

年末年始は本をたくさん読みたいな〜。

ではでは!

0 件のコメント: