2018年11月24日土曜日

だから、仕事が遅いんだ笑

こんにちは、クリボーです。



今、とある案件で、上役にあたる役員から問合せを受けたので、その役員の傘下の全部署の状況を取りまとめて報告しなければならなくなった。

もらい事故…と思いながらも、いつもお世話になっている役員のお役に立てるので、喜んでやっております。

しかし、このような案件を担当すると、部署によって本当に対応が異なることがわかります。

①〇〇の件は目標に達していますか?
②もし達していないなら、どのような改善計画を考えていますか?
というような簡単な質問だったのですが、隣の部署の回答が超まどろっこしくて、でも結局「わかりませんが、計画はあとで考えます」みたいな返事で、めちゃめちゃ焦りました。

役員にそのまま答えたらまずいでしょって思って、何度かやりとりして、どうやら質問を誤解していたらしく、ようやく回答をもらえたのだけども。
問い合わせがあって、その内容が腑に落ちなかったら、普通確認しますよね??
的外れな回答をして、再度やり直したら、所要時間も余計にかかるし終了時間もかかりますよね。

普通、新入社員のうちに覚えておくようなことができてなくて、よく〇〇(役職)やってるな…と思ってしまった。
この部署、人材難なのですかね。

育休から復帰してすぐに思い知ったけど、工数削減の王道は、こまめに確認をして、二度手間を減らすこと。
こんな適当な仕事の仕方をしてたら、残業も増えるだろうし、関連部署に迷惑をかけるんだろうな。

なのに、その人はメールの文体がなぜか偉そうで、なんなんだこいつと思ってしまいました。

しかし、こういう人が部下にいなくてよかったー。

0 件のコメント:

コメントを投稿