2018年11月11日日曜日

子どもの情緒の発達のために心がけていること。

こんにちは、クリボーです。

働いているとどんどん余裕がなくなって、母親が本来有しているべき(ステレオタイプな考え方ですけどね…笑)優しい心とか思い遣りとか、情緒が足りなくなってくるなぁと思う今日この頃。

フルタイムで働いているので、子どもと関わる時間の長さはあまり取れないのですが、ときどき赤ちゃんごっこをしてます。
こどもがちょっと幼い言動をとったときに、私が勝手に始めます。
赤ちゃんのときと全く同じようにお姫様抱っこして、優しく声をかけて、最後に「こんな風に可愛がっていたんだよ」というと、安心し切った顔になってピューッと去っていきます。
所要時間2分ほど。
(義母や夫は呆れていますが笑)

それから、ちょっと前にイヌを飼い始めました。
ちいさきものはうつくしきもの。子どもがイヌにかける言葉がどんどん優しくなって、目線も優しくなって。見ているこっちの目尻もどんどん下がる💗
優しい気持ちっていいですね。
会社でも、ギスギスしているよりも、ケアしあい、褒めあっている方が結果が出る気がします。

さらに言えば結果や出世なんて手段もしくは二次的な幸せで、死ぬまでに何回笑ったかが本当の人生の勝負だと思う。
繊細で不器用で、だけどときどき凄いきらめきを見せてくれるうちの子。
どんな大人になるのか、楽しみです。いっぱい笑って大きくなってね。

0 件のコメント:

コメントを投稿